Re:balance Story #001

Re:balance Story
#001

こんにちは、小野です。

暑い日が続きます。
皆さまいかがお過ごしでしょうか?

のどの渇きがないまま、脱水症状に
陥る方々が非常に増えているそうなの
で、定期的に水分の補給はするように
して下さいね。

今回は新連載です。
月に何度かシリーズとして僕の行って
いるRe:balance(リバランス)コースの施術の
特徴や面白さなどを、もっと知って
頂きたく少しづつ皆様にご紹介して
いこうと思います。

気軽にご覧になって下さい(^_-)-☆

第一弾は、
リバランスの本質とは?という内容で、
お話を進めていきたいと思います。

まず、なかなか文章としてネット
上に掲載できなかった理由がいくつ
かあります。

もう少し早い段階で色々とご説明
しながら、リバランスコースを知って頂き
たかったのですが…

 

僕に整体、整膚、腱引き、それぞれの
技術と知識を教えて下さった
3人のお師匠さん達からは、常々

「語るなら15年が目安」
「技術と知識が身に馴染んで
 人に伝えれて初めて知恵と技になる。」

と口酸っぱく言われていました。ですので、
今までお伝えしてきた内容について嘘偽りは
ないのですが、一般的に当たりさわりのない
ネットにも探せば載っているような内容まで
しか公にしませんでした。

 

そもそも、口頭での説明がとても難解です(+_+)
分野がひとつではないということに加えて、
僕の感覚的なものも多いので説明に苦労します(笑)

それら1つ1つを、分かりやすく説明していく
必要があります。

 

まず、ほとんど器具を使うことなく13手技を
駆使し望診における体の地図を使って行います。

施術者が周りにはいらっしゃらないのでを存じ上げない
ので、13種類を当てはめながら独自に反応を微調整し
試行錯誤を繰り返すしかありませんでした。

この話し長くなりそうなので(笑)ひとまず、
マニアックな説明は置いておくとしましょう。

 

では先ず基礎から、のぞいていきましょう♪

 

【 リバランスの技術 】

リバランスの施術に用いる健康法、活法は合わせて
13種類の分野になります。

その中でも主になる6つの施術の内4つが、
古武道や合気、そして陶芸や立体造形などに
用いる技術や感覚と酷似しているため、先に
それらの分野を学ぶ事になります。

ある程度どれかに携わった事のある方なら、
比較的早い段階で、習得できると思います。
良ければ、習得し最終的に体得してみませんか??

フー, カンフー, マスター, シルエット, 総合格闘技, 中国, アート

人の体を触る技術ですが、ボディケアやエステの感覚
とは似て非なるものです。

 

この、手に相手の「違和感」を吸いつける感覚を
掴むために上記の様な経験が必須となってきます。

治療, 指, 維持, 手, 手首, ハンド マッサージ, ヘルプ, もむ

 

3人のお師匠はそれぞれが、古武道、柔道、合気、
骨法、空手、剣道、茶道と色々な段持ちの先生方。

3人ともが口をそろえて言っていたのはリバランスに
使う技術で人を活かしたいなら、殺め方を知らないと
“いい加減ができないので危険だ”と言われた事は
今でも、一番覚えています。

 

要は、心技体がそろっていなければ武の殺法から
転じた活法は使いこなせないという事ですね。
それは、格闘技に携わって経験する中で納得です。

僕もこのリバランスというものが、リラクゼーションや整体、
療法、望診、食など多くの分野と技術が重複して
重なり合い、理解する事で体現できる
体へのアプローチ法だと思っていますので、

師匠らの言うように「15年が目安」というのは
妥当だなと、15年経ってわかりました。。

 

1つの分野だけでは完璧なものは、正直この世には
ないと思います。足りない部分や見えない部分は
必ず出てきます。

見えていない(把握していない)部分を、見えているとして
施術する事の危険性を軽んじている人が残念ながら
非常に多いという事実が、ボディケアの業界では
往々にしてあると思います。

 

ですので、その足りない、見えないを補うことの
出来る分野と分野を組み合わせていけば死角の少ない
新しい分野を確立できると思い、このリバランスを構築して
きました。

当初、頭に浮かんだ構想の時点では、最低でも30年は
かかるかな…と思っていましたが、今の職場やこれまで
に携わってきて頂いた方々のおかげで15年、予定の半分
の月日でリバランスとしてスタートラインに立てたのでは
ないかと思っています。

でも、あくまで13種類の分野がまとまったというだけ
です。更なる経験や知識が必要です。

 

より深く、細かく、大胆に学びを繰り返し、リバランスの
発案者として極めていきたいと思っています。

あと30年くらいやれば、触れるだけで色々と出来そう
な気がします。目指せ仙人(/・ω・)/ハンドパワー

NEXT⇒ #002へ続く

 

You may also like