小野の新作アート  2016  2nd 

急に創りだしました。

 

普段は、デザインのご依頼や、企業ロゴ、画家として作品を制作させて頂いてますが。

お客さまのイメージを平面化する作業に没頭するあまり、頭中がグチャグチャに。

 

お仕事として頂ける喜びと感謝半分、評価いらずの自主制作が出来ない現状に

描きたい欲求が爆発いたしました(笑)

 

ということで、

 

今回のこの青兎(bule rabbitシリーズ) は、人の評価やイメージは関係ない

完全な小野のアート自主制作として公開させて頂いております。

評価も正解も不正解もなくタガを外すだけで

制作とはこんなにも自由なんだ‼‼と

改めて実感でき、制作中は瞑想に近い状態で楽しくて仕方ないです(-_-)/~~~

 

 

芸術をよく自己表現と言いますが、

誰かに理解してもらう為に使うものは芸術ではなく

コミュニケーションツールでしかないと思っています。

 

それも、一つのアートではあるんですが・・・

 

 

本来の芸術は、自己確認と自己破壊のためのものだと思います。

 

人に見せてどうこうでなく、自分の中のものを

自分の為にイメージししぼりだす、創りだす。

自分で納得するものを創る。

自分の意思とは関係なく表現し自分で感動する。

評価をするのは自分。利害は無視。

自分の合格ラインをどれくらいの速度で通過するかを楽しみ、また苦悩する

 

自問自答こそ芸術の根っこな気がしますね。

 

今回のシリーズ作品は、そんな自主制作の中で

頭の中の引き出しから整理の度にこぼれ落ちるピースで

できたもの。そこに、僕の意思はありません。

 

物語は勝手に転がるように進んでいきます。

どこに行きつくかもわかりません。

そんな物語。でも、全てのものに共通した大切な何かを感じています。

 

この青兎(bule rabbitシリーズ)の終結はどうなるのでしょう?

作者自身も楽しみです(-_-)/~~~

 

dear-one-of-the-worlds-2nd

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

掲載作品

『-Dear one of the world`s 2nd-』

~ WMI 生まれる本質 ~

作者:makoto  ono

ⓒhealing care design Life Art 2016.10.23

You may also like